Knock our Heart -nockのひねくれブログ-

自分の価値観を表現する場所 

学び

未来を知ることができたらどうなるのか~高野苺さんの「orenge」を読んで~

orange(1) (アクションコミックス) 作者: 高野苺 出版社/メーカー: 双葉社 発売日: 2013/12/25 メディア: コミック この商品を含むブログ (11件) を見る みなさんは未来の自分から手紙が来てこれから起こることを知ることができたとしたらどう思いますか? …

羨ましいと思ったことは自分がやりたいと思ったこと

先日、実家に帰った時に「LINEで何気ないやり取りをすることは羨ましいとは思うんだけど、いざ自分がやろうとするとメンドクサイんだよ」といった内容の話をしていて、「それってそういう何気ないやり取りを本当はしたいってことじゃないの?」と言われまし…

救うことは暴力となりうるが、それは手を差し伸べる方法が間違っているからだと思う。

今日ある有名なブロガーさんのトークセッションに行ってきました。そこで生き方とか価値観についての議論が2時間という短い時間ですが行われ、感じるものが多々ありました。 その中で印象に特に印象に残った話題が「救うは暴力となりうる」という話題です。 …

「人間性」には「偽善」が含まれる。

今日の大学の講義で興味深い話を聞きました。それは、「人間性とは、人間の生物ではない部分のことを言う」という話です。 動物は良く言えば純真・正直ですが、悪く言えば利己的です。 彼らは本能的欲求に従って自分の意思に忠実に行動をとります。周りのこ…

「漢字」に込められたメッセージ

以前TIMのゴルゴ松本さんが、罪を犯した少年たちに魂の授業を行う、といった内容の放送を見たんですけど、その中で特に印象に残る内容がありました。 「吐」と言う字は「口」に「+」「-」と書く。 夢を追いかけるときはプラスマイナス、良いことも悪いことも…

単純なものほど歴史があるという思い込み

「私たちは、素朴や可視性、単純さ、直感的理解の容易さがあればあるほど、古くて歴史的なものと思い込んでしまう。」~加藤重治著 日本人も悩む日本語 より~ 「私昔ながらの者が好きなんだー!」なんて言っていかにも奥ゆかしげなものを好む人がいますね。…

しない善よりする偽善

「しない善よりする偽善」 これは、小説家の村山由佳さんが自身の小説のあとがきで述べた言葉です。 何もしないでいるくらいなら偽善でもやる方が偉いのだ、と。 これには全面的に共感します。 震災の被害者のために少ないけれども募金をする。それだけで自…

「良い本に出会えた」という感動

「最初から”面白い”とわかりきっている本にそういった手に取った時の感動があるだろうか。」 菅野マナミさん原作の漫画「ひまわりさん」の中に出てきたフレーズです。 僕はこの作品における人と人との触れ合いがすごく好きで何回も何回も読み直しているので…

消化管は非常に責任感の強いお方だった。

「良く噛むと消化吸収が良くなって太りにくくなる」と言われます。咀嚼することでインスリン分泌が抑制され糖質を脂質に変換しにくくなったり、脳に流れる血液の量が多くなって物忘れ予防に効果があったりといいことだらけだそうです。 これに対して一つだけ…

「ユー・メッセージ」より「アイ・メッセージ」

フロイト、ユングと並ぶ力動精神医学の権威にアドラーという人物がいます。このアドラーが確立したアドラー心理学のなかに面白い内容がありました。 それは「人は褒めてはいけない」ということです。 「あなたは頑張った。すごいね。偉いね。」と褒めること…