Knock our Heart -nockのひねくれブログ-

自分の価値観を表現する場所 

ゆったりとした旅

最近は太陽の光が気持ちいい秋晴れの日が続いている。

こんな日はのんびりと旅でもしたい気分になる。

 

田舎のローカル電車に乗り、電車の走る音と外の広々とした長閑な風景を楽しみながらゆったりとした時間を過ごす。電車を降りたら現地の清々しい空気を体いっぱいに吸い込んで駅の階段を一段とばしで下る。町の小さなお団子屋さんできなこ団子を買って、川の畔ですすきの香りに包まれる中で一つずつお団子を口に入れていく。橋の上で休んでいるおじいさんの横に座って、鳥のさえずりと川のせせらぎを体全体で感じながら目を閉じる。下校する小学生の鬼ごっこの声で目が覚め、散歩していた犬と婦人に手を振り橙に染まった道を歩き駅へと向かう。菓子パンを頬張りながらはしゃぐ高校生とすれ違い駅の階段を一段ずつ上る。改札をくぐり駅のホームで夕日を見届ける。電車に乗って闇に染まっていく風景をぼんやりと眺めながら町の風とにおいを思い出し町を後にする。

 

何をするわけでもなくゆったりと、訪れた先の自然と人を感じるこういう旅がしたい。何も特別なことをしなくても人間は幸せな気分になれる。