Knock our Heart -nockのひねくれブログ-

自分の価値観を表現する場所 

本音は信頼と友情の架け橋

人は誰しも多かれ少なかれ悩みを持っていますよね。僕もまあ人並みにはちゃんと悩みはありました。言わないけど。

でも僕はこの通りひねくれた性格の持ち主なので悩みがあった時は、理屈をこねくり回してそれっぽい理由づけしたり、今ある状況に妥協して「まあこんなもんか」とあきらめたり、こんなこと考えている自分は恥ずかしいと避けたりしながらずっと自己解決してきました。

親や友達に相談なんてしたことはありません。親には悩みを打ち明けたらなんとなくめんどくさいと思ってしまうし、友達には真面目な話をする雰囲気にはならないし。相談なんて自分の弱みを握られる以外に意味はないと感じていました。

 

でも今日一つ相談という形で色々真面目な話をして「やっぱり自分の本音を打ち明けることって大事なんだな」と改めて実感しました。

本音を打ち明けることの良い点は、言葉にすることで自分が見えていなかったものが見えてくると言う面もあるけれども、一番は単純に「言葉にすると気持ちいい」ということだと思います。

自分の中だけで解決するとなんとなくもやもやした感じがするというかスッキリしないというか、うまく表せられないけど心地よくはない。けれども本音を聞いてもらえたと思うとそれだけで晴れ晴れとした気持ちになる。胸のわだかまりがなくなる。

 

もう一つ、本音を打ち明けることは、打ち明けられる人にとっても嬉しいことであると感じました。

そんな考え方もあるのかといった新たな価値観に出会えたり、自分に本音を話してくれるんだという信頼感を感じられたりしてものすごくうれしい気持ちになる。それこそ舞い上がってしまうくらいに。

 

本音を打ち明けることは難しいです。けれど勇気を振り絞って壁を破ればそこにあるのは深い信頼と熱い友情。双方にとっていいことばかりです。

本音を話せる友人や恋人がいる人は幸せです。大切にしてくださいね。