Knock our Heart -nockのひねくれブログ-

自分の価値観を表現する場所 

お金が欲しい

世の中には「若いうちは自分磨きのためのお金を惜しむな」と言う人がいますね。

「留学したいなんて言うのなら、とりあえず行ってしまえばいいよ」

「有名な人の講演会にはぜひ行くべきだ」

自分磨きのために使ったお金は絶対人生を豊かにするから。そういって、「お金はあるなら使え」と主張する声は良く聞きます。「学生のうちに日本一周の旅をした経験が今の仕事に活かされました」とか言うから若いうちは貯金なんてせずにどんどん自己投資すべきだ、と聞きます。

 

そんな人に対して僕は一言言いたいです。「じゃあお金ちょうだい」と。

 

日本一周なんてするお金どっから湧いて出てくるんでしょう。一介の大学生の僕にはとてもとてもそんな余裕はありません。奨学金を貰って大学に通わせてもらっている身で、あちこちでお金を使うことはできませんって。僕が海外に行こうと思わないのは海外が嫌とかじゃなくて、出費が痛いからです。いくら人生の糧になるといっても現実を見たら尻込みせざるを得ません。

 

お金があれば海外に行ける。でも黙っててもお金は手に入らない。バイトをしたりして自分の時間を削らないといけない。そうしてバイトをしているうちに旅行に行く時間が無くなってしまう。そもそも通常のバイトだけでは食費を稼ぐので精一杯。

それなのにお金を使えというのですか。

 

今も昔も世の中はお金がないと生きていけません。食べるにも、住むにも、移動するにもお金が必要です。挙句の果てにはお金を稼ぐためにはお金が必要となる世の中です。就活の際は、高いリクルートスーツを買って、遠いところに高い交通費を出して内定をもらいにいく。それでやっとお金が手に入るようになる。滑稽な話です。

 

やっぱり元からお金を持つ人は勝ち組です。そして元から勝ち組の人はやはりそれなりに勝ち組の人生を送る、それが世の理です。元からお金がない人は何もできません。僕だって日本一周はしたいし、海外にも行きたい。全国各地のスイーツの有名店を回って、それをレポートしてブログでみんなに知らせるとか個性的なことをしてみたい。でもお金がないから平々凡々のありきたりな生活しか送れない。できることと言えば図書館で本を借りて知識を得ることくらいですかね。

 

お金が欲しい。空から一万円札が何枚も降ってこないかな。