Knock our Heart -nockのひねくれブログ-

自分の価値観を表現する場所 

目は口よりも「正直に」ものを言う

「目は口ほどにものを言う」という諺がありますが、この意味はご存じのとおり「人の目つきや見た目からは口で話すのと同等に気持ちが伝わる」という意味です。

この諺を僕なりに解釈して、この諺の伝えようとする真の意図を考えてみました。すると、この諺を勘違いしている人がいるのではないかと思いました。

どういう事かと言うと、この諺を「口で話すのと同じくらい多くのことを目を見ればわかる」と(僕が思うに)間違って解釈している人が結構いると思うのです。そしてその人はノンバーバルコミュニケーションの必要性・重要性の意味を取り違えているのではないかと考えます。

 

ノンバーバルコミュニケーションについてよく聞く話があります。

それは、「話し手が聞き手に与える影響は、身振りや身だしなみなどの視覚情報が55%、声のトーンや話し方など聴覚的情報が38%で、話し手の話す言葉の内容は7%しかない」というものです。多くの人が一度は聞いたことあるのではないでしょうか。

この結果からノンバーバルコミュニケーションはコミュニケーションをとるうえで重要なファクターであるという結論に達します。要するに見た目によって相手の自分への印象が大きく左右されるということです。確かに話している相手の頭がぼさぼさで鼻をほじりながら話をされると、いくら巧みに弁論してもいい印象は感じられないです。

 

しかし、この結果をはき違えて「相手に気持ちを伝える際の影響」も視覚からの情報が多いと思っている人が多いのではないかと思います。

 

「相手に印象を与えること」と「相手に気持ちを伝えること」は別物です。だって、「印象を与える」のは主体が相手であるけれど、「気持ちを伝える」のは主体が自分なのですから。

これらをごちゃ混ぜにして「相手に気持ちを伝える際は態度が一番大事だ」と思ってしまったら、これは違う気がします。

見た目だけでは伝えたい内容は全然伝えられません。言い換えれば、「目が口ほどにものを言う」のは「情報量」においてではありません。

 

「目は口ほどにものを言う」とは言いながらも、目を見るだけで相手の気持ちを一から十まで分かる訳ではありません。それよりも口で直接説明してもらった方がよっぽど多くのことが分かります。

彼女が怒っていて「なんで怒っているの?」と訊くと「この態度を見ればわかるでしょ!」と怒鳴られた。これと似たような経験は誰しも経験があるのではないかと思いますが、こんな時は必ず「口で言わなきゃわかんないよ」と思ったことでしょう。

深く考えなくても当たり前のことですが、気持ちは口で言わないと多少察することはできても気持ちの全部は伝えきれません。

 

しかし、「目は口ほどにものを言う」からといって、色んな態度で「私の気持ちをわかってアピール」をする人は意外に多いと思います。そんな人がこの諺、もといノンバーバルコミュニケーションの重要性を勘違いしているのではないかと思います。

 

では、目は何について口ほどにものを言うのでしょうか。それは「信頼性のある気持ち」、すなわち「本当の気持ち」であると思います

 

門限を破って帰った時、母親が「怒ってないよ。」と言っても、態度を見れば本当は怒っていると分かる。デートの後「楽しかった?」って聞くと「楽しかった!」って満面の笑みで答えられれば本当に楽しんでくれたんだなと分かる。

こういったことは容易に想像できると思います。それはすなわち、口で発した気持ちについて、見た目を見てその真偽を判断しているということをすんなり受け入れている、という事です。

つまり、目(あるいは見た目)から判断できる相手の気持ちは、口から発せられる気持ちよりも信頼性があることが分かると思います。

 

これが「目は口ほどにものを言う」の示す真の意味であると思います。目は口よりも「正直」なんです。相手に本音を知ってもらいたいとき、自分の気持ちをわかってもらいたいとき、そんな時に見た目、もといノンバーバルコミュニケーションが重要であると考えます。

 

結論はいつでもどこでも見た目が大事なわけではないということです。同じ「自分の気持ちを伝える」ということでも、「こういうことに対して怒っているのだ」といった話の「内容」を重視するときはやはり言葉を口に出して話すことが大事であるし、「本当に怒っているのだ」といった話の「信憑性」を重視するときは身ぶりや目つきが大切であると思います。このように二分することは妥当ではない気がしますが、いずれにせよ、目で伝える気持ちと口で伝える気持ちは役割が違うという事に間違いはないと思います。

 

目は口よりも多くは語らないが、その分本音を語ってくれる。

口は目よりも信頼はできないが、その分たくさんのことを語ってくれる。

一長一短。使い分けが大事です。