Knock our Heart -nockのひねくれブログ-

自分の価値観を表現する場所 

「やってみれば分かる」と言われても分かるわけがない

人狼ゲームって知ってますか?平たく言えば、グループの中で狼役や村人役、占い師役などいろいろな役をランダムで決め、狼が誰かを話し合って探り出すというゲームです。狼は一日一回狼以外の者を殺し、その狼をあぶりだすため全員で話し合い、一日一回誰か一人を処刑します。そうして人数が減ってきて、最終的に生き残った者が多い陣営(狼か人間か)が勝つ、となります。

誰がどの役なのかは全員には公表されないので心理的戦略を必要とする非常によくできたゲームです。

 

僕はこの間皆がやろうというので参加しました。ルールは役の内容をやんわりと知っているくらいで、どういう戦略でゲームを進めればいいかなどはてんでわからず、流れについていけないので始めゲームの参加はパスしようとしました。

しかし、「やっていくうちに分かるから」と当然のように参加させられました。

 

いざゲームが始まると、みんなの議論や騙しあい、化かしあいがヒートアップして僕の思考回路はショートしてました。もう何言ってるか全然分からない。「こうだからこうで~」と論理的議論がポンポン飛び出すので頭がついていけない。ただでさえルールをよく理解していないのに。

とりあえずみんなの意見を聞くだけでした。役職によってそこで嘘をついたり場を荒らしてもいいんですけど、そんなことしたら自分が不利になるだけですし。ようわからんので黙って時の流れに身を任せているだけでした。

 

そんな感じで進めていたのですが、時に「〇〇(自分の名前)全然話聞いてないやんか。せめて分かろうとはしろよ」と言われました。分からないなら分からないなりにゲームに参加する意思くらいは見せてくれよ、と。

 

これは意味が分かりません。そもそも僕は「やらない」って言ってたのに、やってくうちにわかるからなんていってゲームに引き連れ込んだのはそっちでしょう。それで僕が文句を付けられる筋合いはどこにあるんだって感じです。

途中で役の内容が分からないから「”妖狐”(役職名)ってなんですかー?」と訊くと「分かるって言ってたやんかー。んじゃ見とけば分かるから見といて」みたいに言われました。そんなんじゃ「分かんねーよ!!」ってなるに決まってるじゃないですか。いくら分かろうとしても分からないものは分からないですって。

 

「やってくうちにわかるから」なんていってすぐに分かるようになることはまずないです。プロ野球のチームに一人の素人が放り込まれて「試合して来い」と言われても試合になるはずがないです。「ランナー1,2塁の時はショートは打球が飛んできたら2塁へ投げて云々~」と言われても「なにこの人外国語喋ってんの!?」と思うに決まっています。

また、「野球って分かる?」と訊かれ「大体は分かるよ」って言ったとしても、ボークとか守備妨害についてまでも知っているとは限らないです。見落としていたルールだってあることは当然あります。

 

玄人が素人に「大体わかっているからあとはやれば分かる」なんて丸投げするのは素人からすれば迷惑です。「せめて分かろうとはしろよ」と言われても、知らぬ間にポンポン進んでいくのだから分かろうとする気も失せます。それでいて「なんで分かんないの」と言われても当たり前だろうと反感したくもなります。

 

素人や部下や生徒に対してろくに教育的アプローチもせず丸投げしておいて「なんでできないんだ」と攻め立てる玄人や上司や教師は実社会でも多く聞くように思います。

上司にとっての「たいしたことない」をそのまま新人にも適用しようとしても「たいしたことない」ことはないです。分からない人にとっては「何が分からないかも分からない」場合が多いです。「AとBとCは理解したけど、これで要件を全部を理解したということでいいのか?他に理解しなければいけないことはあるのか?」と立ち止まります。そこにはやはり上の者からのアプローチが必須です。「実はDとEもあるんだ」と上司の人から言ってくれないと自信を持って理解して、その先のステップに進むことはできません。

 

何事も最初は十分に手取り足取り教えてあげることが大事だと思います。まずはルールや仕組みなどの基礎を知り、そしてそれをうまくやるコツを知る。それを「やって分かれ」と言われてもそこで会得できるコツなんてたかが知れています。井の中の蛙は井の中しか知りませんから。

ある程度の戦術や応用、コツをアドバイスして相手を井の中から引っ張り上げてから初めて「さあやって学べ」と言えると思います。

 

こいつを育てようと思う人にとって最初に細かく指導することは義務です。自由放任主義でも最初から自由放任でいれば言いことはありません。それはただ面倒だから避けただけです。自分が携わってもいないのに「しっかりしろ」と言うのはあまりにも無責任です。

 

教えることが嫌いな人が人の上には立ってていいものかと感じます。