Knock our Heart -nockのひねくれブログ-

自分の価値観を表現する場所 

僕は教師になりたいけれど、教師になれたところで満足できるのか

自分は今教員採用試験に向けて勉強しているわけですが、面接練習を何回か行ううちに「ちょっと違うな」みたいな違和感が出てきました。

 

それは、採用試験(特に面接)というのは人とは違って秀でたものを見極めて力になると判断される者を採用するものであるが、あくまで団体(公務員)としての枠に収まった範囲内に収まっている者でなければいけないという事です。

 

面接は、自分がいじめはなくならないと思っていてもそれを口に出してはいけない。尊敬する先生なんていなくても無理矢理尊敬する先生を作り上げないとあけない。 そうやって「採用試験という場に即した解答」を作らないといけない。自分をアピールするのも場を弁えた物に止めなければいけない。

どれほど熱心で自分の考えを持っていて野望があって人一倍生徒のことを考えられるような人でも、一言「人をいじめたいと思うことは人間の本能だ」なんて言った時点で即アウトなんです。

 

そうなると、自分が教育者としてやりたいこと・目指したいものが、全部削がれた答えになってしまう気がします。

 

自分が教育の立場に立った時最も成し遂げたいものといえば、真面目で空気を読むいわゆる模範生と呼ばれる生徒が報われるようにしたいと思っています。

努力した人は努力した分だけ結果が出るようにしたい。結果が出なかったとしても人から認められ、自分のやってきたことに誇りを持てるようにしたい。

高校の時真面目な模範生だった僕は、周りのちゃらんぽらんな人ばかり高校生活を楽しいんでいるのが腑に落ちなくて仕方ありませんでした。努力した人はちゃんと報われるべきなのに報われていない。そう感じたから、自分の手でできる限り報われるようにしたい。そう思って教職を目指しています。

 

その上できれいごとはいらない。上辺だけの教育なんていらない。

真面目な人でもサボりたいと思うときだってあるし、人を憎らしいと思う事だってある。硬くなった心身を解きほぐしたいときだってある。

そういうときに対して僕は、一教師として「それでも我慢して校則は守りなさい。いい子にしてれば結果はついてくる」なんてことは言いたくない。やんちゃして騒いでいる高校生がいい青春時代の思い出を作ることはもう否定できない。だったら少し羽を広げてやんちゃしてもらいたいのが本音。「今回は多めに見るけどほかの人に迷惑かけるのなら羽のばす資格はないからな」なんて風に言いたいです。

 

いじめだってそう。「いじめをなくすにはどうすればいいか」なんて問いには僕は絶対に「いじめはなくなることはない」と答えます。採用試験の場でなければ。

他人を虐げたいと思う感情は人間の本能なんだから、人をからかいたい、いじめたい、優越感に浸りたいと思うことはあって当然のことだと思っています。ボクシングを見て人々が歓喜するのは、ルールがあるとはいえ、人を倒すことが爽快だからじゃないですか?強者・弱者の関係に持ち込みたいと思う感情は不可避です。いじめなんてなくなるはずがない。

だけれども教師という立場からは「いじめは失くさなければいけない」と答えるしかない。いじめることは悪だから絶対にいけない、としか教えてはいけない。いじめ⇒悪⇒絶対に認めない、という図式を踏まえたうえでじゃあ何ができるかを考えられる人が採用試験で選ばれる。いじめはなくならないという前提で話をすれば絶対に受からない。

 

面接で受かろうと思ったならばこういった自分の本当の教育観は抑えて、面接官の誘導尋問に法った解答で返すしかありません。

もしそれで合格したとしても面接官は俺の何を見て採用したんだって、 もしそれで先生になれたとしても納得した仕事ができるんだろうかって、思ってしまいます。

 

自分の道としては自分の意見を曲げて採用試験に受かるか、自分の意見を貫いて落ちるかの選択肢しかないように思います。(意見を曲げれば受かるのは確実だと思っているわけではありませんのであしからず)

自分の思いの丈を目いっぱい述べて受かるなんてことはないでしょう。

僕はどっちも嫌です。なんのために教師になりたいと思ったのか。その思いがどっちになっても達成できないじゃないですか。

 

多分人は言います。「そういうものなんだから我慢しなくちゃ」

それはそうです。100%自分の思い通りになんてなるわけないです。どこかで妥協すべき点がでてくるのは分かっています。

でも、やっぱり譲りたくないものってあるわけじゃないですか。なんか違うなって思うこともあるわけじゃないですか。それを全部我慢して受け入れなければいけないんでしょうか。

 

採用試験の時は面接官の思うように答えて、もし受かれば自分の思うようにすればいいのかというとそれはどうなんでしょう。それはありなのかもしれないですけど、何のための採用試験なんだって教育のシステムそのものを疑ってしまうことになります。まあもう半分疑っているようなものですけど。

 

このまま教師になったとしても「僕が教師になった意味」が感じられるのかどうか最最近大きな疑問となって渦巻いています。

 

金八先生やROOKIESの川藤のような型破りなヒーロー的な教師が実際に殆ど居ないのは、型を破らないまま個性を発揮する人を採用するからと感じます。型を破ってまでハイリターンを望むような人は危険因子と見做される気がします。出る杭は打たれるんです。

 

僕はそこまでヒーローにあるつもりもないですが、型にはまった教師にはなりたくはないと思っています。じゃなきゃ「僕が」教師になった意味がないですから。でも求められるのは「型にはまった人」です。じゃあ僕はどうしたらいいのですか。

 

自分は教師になれたとしても満足できるんだろうか?なんか満足しないんじゃないか?

そう思う近頃です。