Knock our Heart -nockのひねくれブログ-

自分の価値観を表現する場所 

恋愛は人を成長させるからってそれを恋愛したいには繋げたくない。

「恋愛は人を成長させる」ってよく言われますよね?

好きな人と過ごす日々は何事にも代えがたい思い出になって、後の自分の人生の財産となる。こういう言われ方をします。

それ故か、恋愛経験皆無の僕に「とりあえず恋愛してみ?恋愛することで何か成長できるかもよ??」なんていう輩が結構います。

 

でもそれって何か違いませんか?

恋愛は人をさせてくれるからといって、それが「恋愛したい」には全くつながりません。

だって嫌じゃないですか?「なんで僕と付き合ってくれるの?」と訊いて「あなたと付き合うと私が成長できるからよ」なんて答えられたら。

 

そんなことを言う人は、恋人を自分の箔を挙げるための道具として利用しているようにしか思えません。恋人を学校みたいな扱いにしたくはありません。この人といると何か一皮むけられるかも・・なんて自分本位な考え方で付き合うとかふざけんなよって感じです。

 

そうじゃないでしょ。付き合うのって一緒に居たいと思うからじゃないんですか?

本当に相手が好きなら「成長」なんてワードは頭に浮かびすらしないはずです。

 

一緒に居たいと思う人がいなかったら、付き合う意味なんて全くないでしょう。

それなのに「とりあえず~」とか「好きになるかも~」とかいって恋愛を勧めてくる悪徳商法まがいの輩がたくさんいます。何、その可能性論。付き合わされる側からしたら迷惑極まりない。

 

別に「恋人いたことありますよー」っていう肩書が欲しいのならいいでしょう。でも僕は別にそんなの要らない。欲しいのは愛。愛がないなら別に一生恋人できなくてもいいです。

 

恋愛は確かに成長させてくれるものかもしれないですけど、それを目的にはしたくはない。成長はあくまで副産物。恋愛する意味を僕からすれば履き違えている人が多すぎます。

 

別に成長なんてしなくてもいい。隣にいて安らぐことができればそれでいい。それでいいはずなんです。