Knock our Heart -nockのひねくれブログ-

自分の価値観を表現する場所 

僕が草食系である理由

やって後悔するのとやらずに後悔するのとではどちらが良いか。

こう聞かれると、大抵の人は「やって後悔の方が良い」と答えると思います。

しかし僕が良いと思うのは「やらずに後悔」の方なんです。それはなぜか。

僕にとっては「やった後に『やらなければよかった』と思う後悔」と「やらないでいて『やった方が良かった』と思う後悔」では断然後者の方が気分的に楽なんです。一旦やってしまうと結論が出るわけですから、失敗だとか思い通りにならなかったことに関して悔恨することしかできません。しかし、やらない段階では「もしかしたらうまくいく未来があるかもしれなかった」という「うまくいった未来の想像」ができるわけです。その期待感の分だけ、やらずに後悔の方を選択したいと思うのです。

ですから、「告白してフラれて後悔する」よりも「告白しないで告白しておけばよかったかもと後悔する」方を選択したいと思うのです。

 

しかしこれは、あくまで「告白が失敗することを前提とした」選択です。告白が成功すると分かっているなら告白しますよ、そりゃあ。周りの人の話によると、「この子はなんとなく自分に気があるな」と言うのはなんとなく分かるそうです。そうなると、告白がなんとなく成功しそうな感じがしますから、告白したいと思うでしょう。

ですが、僕はそんなこと一度も思ったことがありません。「もしかしてあの子俺に気があるんじゃね?」みたいなことは。他人に恋愛的な視線を向けられる感覚がさっぱり分かりません。

そうなると「当たって砕けろ」と言われるように。告白をするとしたら玉砕覚悟で行くしかありません。

ならば結論は一つ。「告白なんて馬鹿なことしないで期待だけしておこう」です。

 

いやいや、そんなみみっちいこと考えることなく「俺はお前がどうしても欲しいんだ!」と思えれば告白しても後悔はないでしょうが、そこまでして自分の物にしたい人なんていません。自分に興味ない人を頑張って振り向かせるような愛は、僕の中でピンと来ないのです。

 

「お前はそんなこと言ってフラれたときのプライドを守るための予防線を張っているだけだろ!?」

そんな声が聞こえますが、確かにその部分はあるのは否めないと思います。

ただそのプライドを捨ててまで欲しいと思える人がいないと言うことを理解していただきたいです。恋をするともう彼/彼女しか見えなくなるそうですが、理性が勝っている今の内はそこまでしてわざわざプライドを捨てることをする意味がないだろうと思うのです。

理屈で物事を考えてしまうのは仕方ないです。「恋は突然やってくるよ!」って言っても恋をしたことがない僕にとっては頭で論理的に筋道立てて「恋とはこうだろうな」と考えるしかないのです。分かります?

 

言ってしまえば恋に臆病なわけですが、やったことのないことに臆病になるのは当たり前のことですから認めます。チキンです。でも、バカにはしないでいただきたい。臆病は憶病なりに考えているし、臆病を払拭できればなと思ってはいます。

 

「若いうちにたくさん恋愛はした方が良い」なんて言われますが、それは望んでません。ただ一度、本当に大切な人と一生を一緒に歩む恋愛ができれば良いと持っているだけです。

草食系男子は誰よりも愛を大切なものと思っている生き物なのです。