Knock our Heart -nockのひねくれブログ-

自分の価値観を表現する場所 

自分の妥当性を誇示したいだけのナルシストは無視する強かさを持ちたい

誘導尋問に引っかからなかったときに論理性を無視して自分の妥当性を押し付ける説教をする上司なり指導者って嫌ですよね。

 

「そんないけないことして、最終的に変な風に思われるのは自分なんだよ!?」って相手のことを想った体の発言をして「別に周りにどう思われてもいいし」と答えたとき、「お前が良いならそれでいいけど・・」って納得する人は信用できます。けれど「そんな風に思うのは人としてダメだ」と切り返す人は、それは相手のための説教じゃなく自己の主張を盲信的に肥大化させ自分の妥当性を押し付けるだけのただの戯言を吐いているにすぎません。

 

相手のためとか言っておきながら自己の正当性ばかり主張する人って結構いませんか?

そんな人は相手を正そうとはしていません。自分の正しさを誇示したいだけです。相手を己の支配下に置きたいだけです。

やってることが卑怯なんですよね。主張に論理性がない分反論しようとしても「そんなことは筋が通っていない」と反論されるのがオチです。なんか納得いきませんよね。

「俺を誰だと思っている。教師の俺の言うことが聞けないのか?」なんて自分に陶酔しているだけのバカな教鞭垂れにはこちらの話が通じないから厄介です。

 

そんな人はもう放置しかないのだろうと。反論するだけ労力を使うだけだと。

そう割り切って接するしかないのかなと思います。

いらいらはしますけど、こちらが大人になって冷静に冷めた目でそいつを蔑むようでないとやっていけないと感じています。

 

そんな下賤な人と争っていても時間の無駄。できればマイペースを崩さず、話の通じる人とだけ議論する図太さと強かさを持ちたいと思っているのです。